H.K
生産本部 製造グループ(38歳)
製造グループリーダーとして多くの部下の安全を守る

Interview 01 現在の仕事内容
製造の全プロセスをコントロール

製造グループでは、洗車用のシャンプーやワックスなど、エアゾール以外の製品の原料・資材の準備から、原料の配合、充てん、梱包まで、製造のすべてを担当者が各々責任を持って行います。
私は製造グループリーダーとして、必要な製品を欠品させる事のないように計画された製品数を効率よく生産できるように各担当者へ割り振ります。機械化された製造設備もありますが、力仕事も多く残っています。注文数が多く大変な時もありますが、自分たちが忙しい分だけお客様に喜んでいただけると感じる事が出来ます。私達の仕事は、少しの配合ミスが多くの製品を使えないものにしてしまうので責任は重大です。決められた配合量を間違わないように配合には各担当者が一番気を使う部分です。
「安全第一」「品質第二」「コスト第三」「納期第四」と安全でない職場からは高品質な製品は生み出せないと考えています。5Sが出来ていないと整理・整頓から業務を開始します。不要なものにあふれている環境では安全なモノづくりが出来ませんので、安全第一は徹底しています。

Interview 02 仕事のやりがい
お客様のカーライフに役立てるのが嬉しい

製造はモノづくりの醍醐味を存分に味わえる仕事です。自分たちの手でゼロから製品を作り上げていくのですから、達成感や充実感は格別です。 タンクに入っている単なる液体が自分の手で製品となり、みなさんのカーライフに役立つ、それを感じられるのがやりがいです。
また、自分たちが忙しければ忙しいほど自分が作った製品が受け入れられている証と嬉しい悲鳴です。前職はクルマの整備士だったので、時々製品サンプルを持ち帰っては自分のクルマで効果を試しながら“お客さまがもっと使いやすい製品はできないか”なんて考えています。 神戸合成では全社員が誰でも新製品の開発を提案する事が出来ます。自分が開発提案した製品が製品化された際は、自分の手でゼロから作れるのは製造しかないので嬉しさも格別です。

Interview 03 入社前後のギャップ
全社員が製造研修を経験

新卒、中途関わらず、神戸合成では入社後の研修で製造Gの業務を全員が経験します。これは、自分たちが届ける製品がどのように作られているのかを 実際に経験することで私たち作り手の思いをお客様に届けれる社員となるためです。製造メーカーに勤務しながら、製造に関わらない方は 製品がどのように作られるのかを知らないという会社は非常に多いと思います。神戸合成では全社員が製造経験を持っているので、製造工程での 品質維持体制をしっかりとお客様に伝えて貰えていると思います。忙しい時は、他部署から応援に駆けつけてくれる時もありますが 全員に経験があるので非常に頼もしいですね。

Interview 04 応募者へのメッセージ
生まれてくる新製品。製造現場も必死。

神戸合成は常に新しい製品を生み出す開発型の企業です。新製品が続々と生まれているのは、製造の現場にいる私たちが何より実感していることです。たとえばプラスチック用ケミカルなど、自動車やバイクに関わるケミカル以外の製品開発にも積極的で、これからは他分野にもどんどん進出していくだろうな、という期待を私も持っています。もっと大きくなれる、それが神戸合成の強みだと思います。機械化された設備も増えましたが、まだまだ力仕事も残っています。楽な仕事ではありませんが一緒に頑張れる仲間が増える事を期待しています。

1日のスケジュール
8:00 出社

出社後は国旗・社旗・安全旗を掲揚します。

8:25 工場内の清掃

前日の作業終了後に清掃していますが、作業開始前の安全点検も兼ねて清掃を行います。

8:40 全体朝礼参加

全社で各部署の目標に対する進捗状況を確認し合います。

9:00 製造業務開始

お客様の注文状況を確認し、必要に応じて製造予定を組み替えます。
お客様をお待たせしないようにメンバーと作業を分担し製造に取り掛かります。

12:00 昼食

食堂で他の部署の人とコミュニケーションをとりながら昼食をとります。

お弁当を持参する人もいれば、宅配弁当を頼む人等様々です。

※イメージ画像

13:00 午後からの製造

お客様の希望納期に答えるためには、ミスなく製品を作ることが大切です。
安全に注意しながら一定品質の商品を作ることを心がけています。



17:00 工場の清掃

使用した箇所を綺麗に清掃します。
清掃しながら機械に異常箇所がないかも確認します。

17:30 仕事を終えて帰宅 

神戸合成では夜勤は現状ありません。
定時に終われるように作業をすることがコスト削減にもつながります。